アダラートCR20mg、”CR”とは?

アダラートCR20mgは、狭心症などの病気に処方されるお薬です。
主成分はニフェジピンです。
このお薬は心臓や血管を広げるお薬です、収縮する原因のカルシウムイオンが細胞内へ入り込むのを抑制することで、冠血管を拡張していきます。
全末梢血管抵抗を減少させるので、抗高血圧作用と抗狭心症作用があります。
このお薬は妊娠している可能性の方や授乳中の方は使用できません。
また、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがあるひとも仕様ができません。
また、大動脈弁狭窄・僧帽弁狭窄・肺高血圧や腎機能障害や肝機能障害などがある方も服用できません。
アダラートCR20mgのCRとは、controlled releaseの略で、徐放錠という意味です。
徐放錠とは、溶解性の異なる機材などを用いて、有効成分が一定時間に放出されるように調整した薬のことを言います。
これは、効果が長時間持続様に考えられているためです。
たとえば、1日1回飲めば有効成分が長時間効果が持続するように工夫されているということです。
このお薬の副作用は、主に頭痛や頭重感・ほてり・動悸・便秘・頻脈・黄疸・浮腫・胸部痛・光過敏症・市販・貧血などがあげられています。
このような状態が見られるようなことがあれば、医師や薬剤師にすぐに相談する必要があります。
全身の皮膚の発赤・皮膚のはがれ・発熱・全身携帯館などの紅皮症や、のどの痛みや筋肉痛といった無顆粒球症・鼻血や出血しやすいなどの血小板減少、全身倦怠や皮膚が黄色くなるなどの肝機能障害の症状、考えがまとまらなかったり、判断力が低下する意識障害等が見られる場合は、直ちに服用を中止する必要があります。
また、乳幼児の届かないところに保管します。

●高血圧を下げる治療薬は、ノルバスクだけでなく利尿剤でも下げられるのですよ!すっきりして血圧も下げませんか?
利尿剤